91tzCqOtIPL__SL1500_

ウォーリアー

ギャヴィン・オコナー

ここがアツい!

おすすめ度:★★★★★

「ロッキー」に並ぶ“泣ける”格闘技映画!!「拳で語る」なんて言いますが、この映画はまさにそれ。過去の出来事から大きな確執のある親兄弟3人がメインの登場人物なのですが、会話はなく、過去の出来事も丁寧には語られません。それでも闘いの場における男たちの不器用な有様からは苦しみや葛藤が痛いほど伝わってきます。何が哀しいのか、何から許されたいのか、なぜ拳を振るうしかなかったのか、様々な感情が爆発する兄弟のラストファイトとその決着は涙無しには見られません!

(二本松店:Yasutaka)